ペットのお墓選びで成功に導きたい!?ペット霊園で失敗しないためのコツや基礎を解説!

このサイトは、初めてペット霊園を利用する人でもわかりやすくポイントを解説しています。
特に、選択で失敗をしないようにするためにはどういったサービスを提供しているかに注目をする必要があります。
火葬をするときにも費用は掛かりますし、将来的な維持管理費も想定した選択が必要です。
納骨を希望している場合には、共同で行うのか個別で行うのかの違いもありますので、まずは自分の目的に応じたサービス内容かどうかをチェックしましょう。

ペットのお墓選びで成功に導きたい!?ペット霊園で失敗しないためのコツや基礎を解説!

ペット霊園の選択で成功するためのコツは、将来的なことを考慮して業者を選択することです。
ペット葬儀が終了したからといって終わりというわけではなく、その後の骨の管理をどのように扱うのかを決めなくてはいけません。
このとき、骨を返還してもらうのかそのまま納骨するのかで対応やプランは全く違います。
納骨をして参拝をしたいと考えているときにも、管理状況が各業者で異なるのでその内容の精査は不可欠です。
そのため、まずはペット火葬からペット霊園までの納骨までの流れと基本を理解しておきましょう。

ペット霊園を利用して納骨するメリットには何がある?

"

犬や猫などのペットが亡くなってしまった後に、遺骨をどうすれば良いのかと迷っている人はペット霊園の利用を考えると良いでしょう。
ペット霊園への納骨を行うメリットには、大切なペットの遺骨をしっかりと供養したという満足感が得られることが挙げられます。
ペット霊園には色々な所があるため、全ての霊園で同じようにできるわけではありませんが、納骨をした後にお参りに行けるような所であれば、飼い主さんが亡くなったペットを偲ぶためにそこに行くことができるのもメリットになります。
個別の墓地でも共同墓地でも、可愛がっていたペットが眠っている場所があれば、命日などにお参りをして心を慰めることが可能です。
また、霊園によっては、お坊さんが法要を行ってペットのためにお経を上げてくれる所もあります。
僧侶による読経や手厚い供養が行われている所を選べば、ペットが安らかに眠れるだろうという安心感が得られることが期待できます。
つまり、飼い主さんの気持ちが落ち着くことが期待できるのがペット霊園を利用することの利点です。

"

ペット霊園を利用するデメリットは費用がかさむ点になるので相場の把握が大切

大切なペットが眠るペット霊園は飼い主にとって特別な場所です。
ペットが亡くなった後にペット霊園を利用する例も増えていますが、利用にはデメリットもあるため注意も必要です。
ペット霊園の利用における最大のデメリットは、費用面に関する問題でしょう。
ペットの供養方法としては、おおまかに分けて合同と個別の2種類があります。
合同は他のペットと同じお墓に入り、お墓の管理はペット霊園に一任することになるでしょう。
個別であれば他のペットとは別に供養することができますが、お墓を建てる費用などがかさみます。
お墓にかかる金額は使用する場所や墓石の種類などによっても変わります。
後々の管理に必要な金額なども考慮しながら、相場を意識したお墓選びが重要になります。
なお、埋葬後にかかる管理費などは霊園によっても異なり、一律にいくらと決められたものではありません。
こちらもおおよその相場を調べながら、後年まで負担にならずに払い続けられる霊園を見つけることが大切です。

ペット霊園にある合同供養塔とは?

大切な家族同然のペットを埋葬するためのペット霊園を探しているときに、合同供養塔の存在を知ったという人は多いのではないでしょうか。
ペット霊園にあるこの合同供養塔は、複数ペットたちを合同で供養するための墓碑です。
一般的な人間のお墓の場合にも個別墓と合祀墓がありますが、個別墓とはお骨を1名分ずつ埋葬することが出来るお墓で、合祀墓は他の人のお骨も一緒に埋葬するお墓となっています。
ペット霊園の場合にも個別墓タイプの墓所は、それぞれのペットのお骨を1頭ずつ埋葬出来るのが特徴です。
それと異なり合祀するのが合同で供養するための塔となっています。
このタイプの埋葬方法を選択した場合にも、命日やお彼岸。
お盆などのタイミングにお墓参りに出かけることは可能です。
ただし墓碑となるのはこの合同の供養塔となり個別のお墓ではありません。
ペット霊園によって異なることもありますが、塔に向かってお花を手向けたり線香を上げたりすることになります。

ペット霊園の種類ごとの費用相場を年間管理料含めて解説

2000年以降、セレモニー業界では新しいサービスが開始されるようになりました。
昨今は空前のペットブームであり、その動物のみが眠りにつけるペット霊園が全国各地で相次いで誕生しました。
今では家族と同様の存在となっているため、天に召された場合は人間同様に霊園で遺骨をおさめる方が多くなりました。
ここでは簡単に、ペット霊園の種類ごとの必要となる費用相場や年間管理料を解説していきましょう。
まずペット霊園は大きくわけて2種類になります。
ひとつは火葬のみに対応しているところで、ここでは納骨をすることはできません。
2つ目は納骨堂のみを備えているところです。
そしてその両方に対応しているところとなり、費用相場は火葬だけなら1万から5万円です。
納骨のみだと5万円前後が永代供養料となり、年間管理費は1万円です。
両方を実施しているところなら、約15万円前後の価格で管理費用は前者と同じく1万円を相場としているのが一般的です。

どんな動物でもペット霊園を利用できるのかどうか

近年はペットの多様化が進み、鳥・爬虫類・ハムスターなどさまざまな動物が存在します。
こうした動物たちも、ペット霊園を使うことは出来るのでしょうか。
実は、ペット霊園で対応出来るのは「ペットとして飼育していた・購入された生き物」とされています。
ですからほとんどのペットが、ペット霊園で火葬を行うことが可能です。
珍しいペットの中にはサルや亀といったものも対象とされています。
現在、法規制のため飼育出来ない生き物であっても、規制適用前に飼われていたのであれば、ペット霊園での火葬が可能です。
これは、ワシントン条約などで決められた生き物にも適用されます。
民間のペット火葬業者が、対象のペットを供養することも問題ありません。
ただし、自分がペットとして飼っていた生き物を、勝手に公園やお花畑に埋葬することは、現在不法投棄の対象となるため禁止されています。
年代の流れとともに、正しい方法で埋葬・供養することが大切と言えるでしょう。

トラブル回避のためペット霊園はしっかり選びましょう

皆さんはペットを飼われていますでしょうか。
ペットは、飼い主さんにとって大切な家族です。
その大切なペットは、どんなに大切に育ててもいずれお別れの時はきます。
今まで沢山の思い出をくれた大切な家族だからこそ、安らかに天国に旅立てるように、しっかりとしたお墓を用意してあげたいものです。
最近、多くのペット霊園が存在しています。
残念なことですが、霊園の管理の仕方が悪くトラブルになるケースも散見されます。
そうならないためにも、ペット霊園は事前によく調べて、安心して任せることができる霊園を選ばなければなりません。
最近がインターネットなどで口コミを簡単に調べることができまし、利用者の声を聞いてみてもよいかもしれません。
また、業者とよく話をして信頼できそうな業者をしっかり選びましょう。
一つの業者だけではなく、複数の業者とコンタクトをとり、その中から一番信頼できそうな霊園を選ぶことをお勧めします。
大切なペットですので、慎重に選びましょう。

日本国内に多くあるペットを埋葬できるペット霊園

日本国内には亡くなったペットを埋葬できるペット霊園が数多くあります。
全国のさまざまな場所で、ペットを飼っていた人が自分のペットを弔うために利用することが可能です。
昔の日本では飼っている動物が死んだ時に、役所などに引き取ってもらうことが多かったですが、最近では火葬をしてお墓を作ってあげる飼い主も増えています。
こうした方法でペットの供養をしている人が多いのは、動物も人間と同じように大切な家族の一員と考えているからです。
ペット霊園は、人間と同じように丁重に動物を供養したい場合に最適な施設で、さまざまなタイプの施設があります。
人間の霊園と同じように、定期的に法要を開催している霊園もあり、動物をより丁重に弔うことができます。
火葬と埋葬を一緒にできるようなペット霊園もあり、火葬した後にそのまま骨をお墓におさめることが可能です。
お墓のかわりに納骨堂に骨をおさめることができるペット霊園もあり、お墓よりも低価格で利用できます。

悪質のペット霊園に騙されないようにする方法

ペットを飼っていると日々の生活が楽しくなるような、メリットがあります。
犬や猫などのいろいろな種類の動物をペットとして飼うことができますが、基本的に生き物には寿命がありますから、基本的にいつかは亡くなってしまいます。
人間の場合は亡くなると葬儀をすることになりますが、ペットの場合もペット葬を利用することでスムーズに供養していくことが可能です。
ペット霊園を利用することによっても、遺骨を納骨することができますから、いつでも好きなときに会いに行くことができます。
ペット霊園は色々な場所にありますが、悪質な業者が営業しているようなケースもありますから、基本的には業者の情報を最初にチェックしておかないといけないです。
ペット霊園で悪質なケースになると納骨を他の動物と一緒にされることによって、自分のペットの遺骨が手元に戻せないようなリスクもあります。
そのため後から納骨する場所を変えていきたいような場合は、正しく納骨してくれるところを積極的に利用していかないといけないです。
口コミなどをチェックすることによって、信頼することができるペット霊園は簡単に見つけていくことができます。
そのためインターネットなどで情報収集をしておくと、安心してペットが供養できるようになれます。

外国のペット霊園事情はどうなっているのか

外国でも日本と同じように、ペット霊園は存在します。
アメリカでは数十年前までは土葬が主流でした。
ですが現在では日本と同じように火葬にしたあとペット霊園に埋葬するケースが増えています。
アメリカの土地は広大ですから、日本のように納骨堂などを建設する必要はありません。
巨大な草原などをそのまま霊園としています。
現在、ペットブームが訪れている中国でも、富裕層を中心にペット火葬が増加中です。
外国でも信じる宗教によって、ペットの埋葬方法は異なります。
アメリカは基本的にキリスト教を信仰している家庭が多く、ペット霊園もキリスト教に則ったものが用意されているものです。
仏教国として知られるタイでは、ペットを火葬にしたあと遺骨を川に流す方法が一般的と言われています。
仏教寺院とも提携しており、僧侶がお経を読む姿も見られるものです。
日本でも海外でも、ペットを慈しむ心は同じであることがペット霊園事情を通じてよくわかることでしょう。

著者:磯和信

筆者プロフィール

福岡県福岡市生まれ。
長年連れ添った愛犬を昨年見送る。
自身の体験をもとにペット霊園やペットの供養について記事をまとめています。
ペット霊園